障害者福祉について

17963

障害者福祉サービスのうち、施設サービスよして、身体の機能を向上させる訓練等(リハビリテーション)日常生活が自ら行えるようにする地域生活支援事業、就労移行支援、ピアサポートなどがあります。


障害者福祉

障害者福祉とは、身体、知的発達、精神に障害を持つ人々に対して、自立を支援する社会的サービスのことです。広義では、障害年金などの所得保障・医療保障、また雇用・住宅施策も含みます。

日本では第二次世界大戦後、身体に障害も持った軍人等への「対策的な」施策として身体障害者福祉が発足しましたが、現在では、障害を持っていても健常者と同様に自立して暮らすノーマライゼーションの考え方や、社会的統合(インテグレーション)さらに障害者権利条約に拠るインクルージョン教育を理念とするようになりました。

障害の分類

障害者には身体障害者、知的障害者、精神障害者の3つの種類があり誕生のときからの先天性障害、乳幼児期の病気による障害、成人になってからの障害(後遺症害)、事故による障害など原因は様々であり、重複障害もあります。

日本の制度

かつて障害者福祉サービスの利用については、行政の措置決定により、施設に入所したり、在宅サービスを受ける形になっていましたが、2003年度から、利用者が自由に施設や事業者を選び、施設や事業者と契約を交わす形で入所先を決定したり、サービスを供給する事業所を決定する支援費制度が導入されました。そして、2006年から「障害者自立支援法」が施行され、年齢や障害種別ごとに縦割りに提供されてきたサービスを一元化し、新しいサービス体系に移行しました。現在は「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)のことをいいます。

障害者権利条約

障害者権利条約は、あらゆる障害を持った方の、尊厳と権利を保障するための条約です。日本では障害者の権利に関する条約と、日本国政府によって訳されています。

この条約は、21世紀では初の国際人権法に基づく人権条約であり、2006年12月13日に国連総会において採択されました。日本国政府の署名は、2007年9月28日でありました。2008年4月3日までに中華人民共和国、サウジアラビアも含む20カ国が批准し、2008年5月3日に発効しました。2015年11月現在の批准国は160カ国です。


障害者福祉の一部ではありますが、このようにさまざまな障害者福祉のサービスが増えてます。

しかし、障害者福祉サービスを利用する方は、原則として介護保険対象者は除かれます。

現在、介護で悩まれている方は沢山いらっしゃるかと思います。そこで私たちはその悩みを少しでも解消させていただきたいと思います。悩む前に是非気軽に相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です