ボディメカニクスを使って介護を楽に

bohi

安全で安楽な介護を行うためには、介護者は安定した姿勢をとることが条件となります。人間が人間の介護を行うわけですから、体重が同じくらいか自分より重い要介護者を抱える場合、支え方によっては有痛を起したり、過度の疲労が伴います。そのため、自分の姿勢を安定させるだけでなく、要介護者を抱えやすく、移動しやすい姿勢にすることも考える必要があります。また介護者ができる限り少ない力で介護ができるようにするためには、要介護者の残存能力を最大限に利用することも必要です。それより、介護者の介護負担の軽減が図られるばかりか、要介護者の自立を高め生活空間を広げることにもつながり、生きる意欲を高めることにもなるのです。


ボディメカニクスの定義

身体の部位や部位に働く力を活用し、無駄な筋力を使わず、最も少ない力で目的とする動作を実現するための、力学原理を利用した力と運動の相互関係をいいます。そのために要介護者の安全・安楽が確保され、介護者自身の負担を少なくできます。またこのボディメカニクスは介護者にとって腰痛防止という要素だけでなく、要介護者にとってのリハビリテーションという要素もつながります。介護者としてボディメカニクスを生かした介助を行うなかで要介護者の残存能力を見極め、できる限り自分で働くところを見つけ出すということもできるわけです。


ボディメカニクスの8原則/ボディメカニクス基本原理

ここではボディメカニクスを使った介護の動きを説明したいと思います。

①要介護者の上肢を腹部に乗せ、膝を立てるなど体を小さくまとめる・・・抵抗や摩擦を少なくする

②要介護者の体と介護者の体をできるかぎり近づける・・・支持する力が少なく伝わりやすい

③介護者の両足は重心移動ができるように開き、支持基底面積(床面で支える面積)を広くとる・・・安定した姿勢を保つ、腰部の屈曲防止

④介護者は腰を落として膝を曲げ、重心を低くする・・・人の体の重心はおへその辺りにあり、重心が低いほど安定が増す

 

⑤介護者は今から動かそうとする方向に足先を向け重心移動し、体の向きを一致させる・・・腰をひねるなど不自然な動作を避ける

⑥介護者は大きな筋群(下半身の筋肉)を十分活用し、重心移動を滑らかに行う・・・手の筋肉だけでは限界があり下半身を使って疲労軽減

⑦てこ・遠心力などの作用を使う・・・力学の法則を使って少ない力で大きく動かす

⑧広い環境で行う。

現在、介護で悩まれている方は沢山いらっしゃるかと思います。そこで私たちはその悩みを少しでも解消させていただきたいと思います。悩む前に是非気軽に相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です