嚥下のリハビリについて

1-400x380

嚥下体操の重要性とは

ご飯を食べておいしいと感じることは、生きることの喜びの一つです。また、栄養を摂ることは健康な身体づくりに欠かせないことでもあります。このような考え方から高齢者向け施設でも口腔体操や、リハビリを積極的に行っていることが増えているようです。

水分や食べ物が口に入り、胃に送りこまれる。この一連の流れのことを摂食・嚥下の運動といいます。摂食と嚥下が適切に行われていないと食べ物を食べた時に帰館に入り込み、むせてしまいます。これを誤嚥と呼ばれるものです。誤嚥は肺炎を引き起こし、悪化すると入院して寝たきりになる恐れもあります。

摂食と嚥下が健康な身体を保つためにはとても重要なことだということがよくわかります。摂食・嚥下のリハビリは自宅でも簡単に始められます。

口腔ケア

リハビリを行う上で口腔ケアはとても重要な前提条件となります。口腔ケアとは簡単に言ってしまえば歯磨きです。毎日当たり前のように行っている行為ですが、残渣物や細菌を除去することで、口腔内の衛生状態を改善させるとても重要なケアなのです。専門性を高めれば誤嚥性肺炎のリスクを低下できるとも言われています。

嚥下体操

食べる前に簡単な体操を行うことで、誤嚥を防ぐ効果があります。体操は顔や首周りの緊張をほぐしてくれます。筋肉が適切に働くことで誤嚥が少なくなるのです。

体操の始めにまずゆっくりと深呼吸をします。口から息をすべて吐き出し、鼻から吸い込みます。お腹が膨らんだりへこんだりしているかどうか確認できるくらいに意識的に呼吸します。数回深呼吸そたら次のステップです。

次は、普通の呼吸で首をゆっくりと回します。右と左に一回ずつ回したら左右に一回ずつゆっくり首を曲げます。

その次に肩を運動させます。ぎゅっと肩をすくめるように上げ、力をすっと抜いて肩におろします。これを2、3回繰り返します。次は上体を左右にゆっくり倒します。次は頬を膨らませたりへこませたりします。これは2、3回繰り返します。

大きく口を開き、舌を出したり引っ込めたり、左右に動かします。こちらも左右で2、3回ずつです。

次に「パパパ、ラララ、カカカ」と発声します。「パラカ」とゆっくり発声するのでもいいです。次に口をすぼめていっぱい吸い、冷たい空気が喉に当たるようにします。その後、額に手を当てた状態でおへそを覗きこむように強く下を向きます。ゆっくり5秒数えてみて下さい。最後にもう一度最初のような深呼吸を行います。

そして唾液を飲み込んで喉の動きを確かめます。このような体操が終わったら食事をいただきます。

よく噛みゆっくり食事をすることで、誤嚥を予防し、おいしい食事を楽しみましょう。

現在、介護で悩まれている方は沢山いらっしゃるかと思います。そこで私たちはその悩みを少しでも解消させていただきたいと思います。悩む前に是非気軽に相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です