ヒートショックについて

heat_shock_roujin

ヒートショックという言葉を耳にしたことはあると思います。寒くなるとテレビ等で取り上げられています。これからの時期、温度変化に注意していただきたいので簡単に紹介したいと思います。


ヒートショックとは、簡単に説明すると気温の急変により体がダメージをうけることです。暖房などで暖まった部屋から、暖房駆具のない脱衣所や、浴室への移動、そして熱い湯船へ入るという動きの中での急激な温度差は10℃以上になります。これに伴って、血圧の急激な上昇や下降が引き起こされます。

このヒートショックは、体に大きな負担をかけるため、冬の入浴中に起こる突然死の大きな要因になります。

たとえば、急激に血圧が上昇した場合は脳出血や脳梗塞、心筋梗塞などで死亡する恐れがあります。逆に、急激に血圧が低下した場合は脳貧血を引き起こし、浴室でめまいを生じて怪我をしたり、おぼれたりする危険性があります。

ヒートショックを受けやすい人

ヒートショックを受けやすいのは、高齢者、高血圧や糖尿病の病気のある方、動脈硬化、肥満気味の方や呼吸器に問題がある方、不整脈がある方などは注意が必要です。1番風呂、熱い風呂を好まれる方も注意が必要です。

ヒートショックによる事故を防ぐ対処法

1.脱衣所に暖房器具を置くなどして、入浴前に脱衣所を暖かくしておく。居間と脱衣所の温度差をなくす。

2.浴槽のふたを開けて風呂を沸かす、または、服を脱ぐ前に浴室の床や壁に暖かいシャワーをまくなどして、浴室を暖めておく。

3.湯船に入る前に、手や足など末端の部分からかけ湯をして、徐々に体を温めていく。

4.入浴時間は、汗ばむ程度にする。

5.浴槽からでる時は、ゆっくりと立ち上がり浴槽からでる。

6.飲酒後の入浴は避ける。

冬場の入浴時の事故を防ぐためには、居間と脱衣所と浴室の温度差をできるだけ小さくしておくことが大切です。施設など、設備が行き届いている場合は心配ないと思われますが、やはり自宅、特に高齢者だけで住まれてある場合は注意が必要になってきます。

入浴時の温度差が大きくなりがちな12月、1月は1年のうちで入浴中の突然死が一番多いようなので、特に注意が必要です。自宅での入浴の際は、家族の様子を声かけなどで伺ったり、心がけてみてはいかがでしょうか。

現在、介護で悩まれている方は沢山いらっしゃるかと思います。そこで私たちはその悩みを少しでも解消させていただきたいと思います。悩む前に是非気軽に相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です