介護保険以外の介護サービスとは

kiaohgo

介護保険のサービスだけでは高齢者の生活環境をカバーしきれない場合があります。利用者は、不足している支援を介護保険外サービスへ求めることになります。


不足しているニーズの把握から

介護保険適用外の介護サービスの中で一般的に知られている事業は有料老人ホームでしょう。本来は介護保険外である有料老人ホームなどでも、介護保険を利用できる場合もあります。それは「特定施設入居者生活介護」といい、介護付き有料老人ホームのほかに「養護老人ホーム」「軽費老人ホーム(ケアハウス)」「適合高齢者専用賃貸住宅」などで利用できます。しかし、この適用を受けるためには、事業者が介護保険法上の指定基準をクリアする必要があり、経営の自由がきかないなどの理由で実際には適用を受けない有料老人ホームなどが少なからず存在します。在宅介護においては、介護保険の対象となるサービスと対象とならないサービスが明確に分けられています。例えば、生活の介護のうち利用者以外の利益になるサービスは保険の対象外です。具体的には、庭の草むしり、ペットの散歩、家の掃除(利用者の居室などは除く)などが挙げられ、このようなサービスを受けたい場合は、介護保険対象外の訪問介護事業を行っている民間企業などを利用することになります。

また、介護保険に設けられた利用制限を超えた場合は自己負担となるため、介護保険と同様のサービスを介護保険対象外で受ける場合もあります。

介護保険の適用されるサービスを受けるためには、要介護認定(要支援)を受ける必要がありますが、要介護認定を受けていない場合においても、サービスを活用することは可能なケースもあります。要介護認定は申請日にさかのぼって認定されるため、確実に認定が受けられる場合は、認定前にサービスの提供を受けられるケースです。また、行政(市区町村)においても介護保険対象外の支援事業を行っている場合があるので、行政の窓口に確認してみるとよいでしょう。

高齢者の住宅ビジネス

近年、利用者への直接介護というよりも、高齢者の住まいに関するビジネスが注目されています。

高齢者円滑入居賃貸住宅 高齢者の入居を拒まない賃貸住宅(高齢者専用賃貸住宅を含む)。

〇高齢者専用賃貸住宅 高齢者円滑入居賃貸住宅のうち、専ら高齢者を賃貸人とする賃貸住宅

高齢者向け優良賃貸住宅 高齢者が安心して安全に居住できるよう「バリアフリー化」され、「緊急時対応サービス」が利用できる賃貸住宅

これらは、介護保険内、外であっても負担は生じます。この負担を担保するために、民間保険会社の介護用の損害保険も充実してきており、ある意味介護保険対象外のビジネスともいえるでしょう。なお、高齢者住まい法の改正に伴い変更となります。


このように介護サービスには保険外のサービスについても数多く存在しています。このサービスを上手く使うことも賢い方法だと思われます。

現在、介護で悩まれている方は沢山いらっしゃるかと思います。そこで私たちはその悩みを少しでも解消させていただきたいと思います。悩む前に是非気軽に相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です