介護保険制度を理解する

imagesD367F28M

近年、介護保険制度が進歩している近年、介護保険についての理解が必要になってきています。そこで今回、保険制度について基本的なところから簡単に説明させいただきたいと思います。


介護保険制度のしくみ

被保険者は40歳以上のみなさんです

40歳になったら介護保険料を納めることになります。介護や支援が必要になった場合は要介護(要支援)の認定申請を行い、要介護(要支援)認定されれば利用した介護(予防)サービスの費用の原則1割を負担することで、様々な介護保険サービスが利用できるようになります。

※申請時点からサービスを利用することができます。ただし、非該当と認定された場合や支給限度額を超えた利用は全て利用負担となりますので、利用に当たってはケアマネージャーとご相談する必要があります。

65歳以上の方(第1号被保険者)

サービスを利用できる方・・・介護や支援が必要と「認定」を受けた方は、サービスを利用できます。

※介護が必要になった原因は問われません。

 

40歳から64歳の方(第2被験者)

医療保険に加入していることが前提となります。

サービスを利用できる方・・・加齢による病気等(特定疾病)により、介護や支援が必要っであると「認定」を受けた方は、サービスをりようできます。

 

特定疾病

①がん(医師が一般にみとめられている医学的知見にもとづき回復の見込みがない状態に至ったと判断したものに限る)

②筋萎縮性側索硬化症

③後縦靱帯骨化症

④骨折を伴う骨粗鬆症

⑤多系統萎縮症

⑥進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症およびパーキンソン病

⑦初老期における認知症

⑧脊髄小脳変性症

⑨脊柱管狭窄症

⑩早老症

⑪関節リウマチ

⑫糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症

⑬脳血管疾患

⑭閉塞性動脈硬化症

⑮慢性閉塞性肺疾患

⑯両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変軽症関節症

 

ここで理解していただきたいことは、介護保険とは、介護が必要になっても住み慣れた地域で安心して自立した生活が送れる様にと生まれた仕組みで、高齢者の介護を社会全体で支える「社会保険制度」だということです。

 

現在、介護で悩まれている方は沢山いらっしゃるかと思います。そこで私たちはその悩みを少しでも解消させていただきたいと思います。悩む前に是非気軽に相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です