介護予防について

PIC-20160601133657

介護予防とは、介護保険制度に基づき、要支援認定を受けた介護保険被保険者に対し、介護を要する状態の軽減、または、悪化の防止に資するよう行われる支援です。平成18年(2006年)4月の介護保険改正において、高齢者が介護保険で定める要介護状態となることを防ぐことを目的とした「介護予防」のアプローチが、国の制度として導入されました。


日本の65歳以上の高齢者は、人口の約4分の1を占めています。今後も65歳以上の高齢者が総人口に占める割合9は上昇し続け、2035年には国民の3人に1人、2060年には国民の2.5人に1人が高齢者、4人に1人が75歳以上となる見込みです。日本は世界のどの国もこれまで経験したことのない高齢社会を迎えています。健康で長生きするためには、若いときから健康づくりに励み、高齢期に入ってからも、病気あるいは介護の必要な状態にならない為の予防に取り組むことが必要です。

介護が必要になった場合に、それ以上度合いが増さないように改善していくことも予防です。どの場合も一人ひとりが自分で努力することが重要になってきます。

介護が必要になる原因はさまざまですが、心身ともに機能低下を防ぐことが重要です。


介護予防事業とは

高齢者の方が、介護サービスを受けずにできるだけ元気で過ごしていただくために、「介護予防事業」があります。「介護事業予防」は、お住まいの市町村が実施するもので、大きく2つの対象に分けて行われています。

⑴介護予防一般高齢者施策

目的は、高齢者の方に「介護予防」というものを広く知っていただき、できるだけ自立してお元気で過ごしていただくための取り組みが盛んになるような地域社会を作ることです。

65歳以上の高齢者の方を対象として、お住まいの市町村では、「介護予防」に関する講演会の開催、介護予防の手帳の配布、ボランティア等の人材を育成するための研修、介護予防に資する地域活動組織の育成などを行っています。

⑵介護予防特定高齢者施策

体の機能が少し弱くなっていて、近い将来介護サービスを利用する可能性がある高齢者の方に対して、その方の弱っている機能を回復するような事業を提供して、要支援・要介護状態にならないようにすることを目的としています。

通所による集団的な事業を中心に、必要に応じて個人の自宅を訪問するなど、その方の状態に応じて様々なメニューを組み合わせて無理なく参加して頂くことを目指してます。


健康で長生きするためには、若い時期から健康づくりに励み、高齢期に入ってからも病気、または介護の必要な状態にならないの予防に取り組むことが必要です。

そこで今では、専門的な知識と技能を持って介護予防を推進する「介護予防指導士」という、介護予防を指導する資格があります。この資格は多くの方が豊かな老後を過ごせるように、要介護者ばかりではなく、元気な方も対象として、介護予防を指導する資格です。


現在このような資格があり、当施設でも簡単なリハビリ、また、体を使う体操をし介護予防に力をいれています。

現在、介護で悩まれている方は沢山いらっしゃるかと思います。そこで私たちはその悩みを少しでも解消させていただきたいと思います。悩む前に是非気軽に相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です