介護サービス「成功」のカギを握るケアマネジャーの資格と仕事

keamanr

ケアマネジャーとは介護サービスの中心となる重要な仕事を担います。看護師や介護福祉士がケアマネジャーになることが多いのが現状です。ここではケアマネジャーとは何か説明させていただきます。


ケアマネジャーの仕事内容

①ケアプランの作成

・在宅介護について利用者に対する情報提供

・利用者、家族が抱えている課題の分析

・サービス担当者との連絡、調整

・サービス実施状況の把握と必要性に応じたケアプランの変更

・要介護認定の訪問調査

②更新性

・ケアマネジャーの資格に5年ごとの更新制を導入

・事業者は実務についている所属するケアマネジャーの届出

③不正行為(罰則)

・仕事をしていないのに施設に所属しているような名義貸し

・介護認定訪問調査の不正行為、ケアマネジメントでの不正行為

④課題

・業務多忙

・力量不安

・相談相手がいない

・支援困難ケースを抱えてしまう

・生活全般の相談および苦情の対応

ケアマネジャーの資格者

ケアマネジャー(介護支援専門員)資格者は医師・歯科医師・看護師・保健師・え薬剤師・助産師・理学療法士・作業療法士・社会福祉士・介護福祉士・栄養士等で通算して5年以上の実務経験があり、介護支援専門員実務研修受講試験受験資格に合格して実務研修を修了した方です。ケアマネジャーで多いのが、①看護師、②介護福祉士です。

良いケアマネジャーとは

①幅広く質問する(ニーズを見落とさない)・・・・利用者は質問に素直に答える

②医療の準備ができる・・・・搬送体制ができる(どの病院がよいか、かかりつけ医との連携ができる)

③緊急時の対応ができる・・・・緊急時は翌日までに対応ができる

④近隣事務所に知人が多い・各事務所と直接情報交換をするのが上手

⑤優秀なケアマネジャーは利用者の状態をじっくり聞いて受け止める(幅広い知識・情報、利用者の状態を把握・分析)

⑥研修の義務化・体系化による専門知識・技術向上

実務について一定期間後、定期的に専門知識・技術向上のため研修の義務付け。また、5年ごとに資格の更新に際し研修の義務付け

ケアマネジャー(ホテルとホーム)

①ホテル

要介護・要支援の認定を受けていれば、ホテルで滞在しても介護保険制度の指定居宅介護支援事業者からケアマネジャーのケアプランを受けることができます。

・ケアマネジャーは1人35件のプランを立てます。レアケースとなりますので利用の前に市町村の担当者にお尋ね下さい。

・介護保険制度を利用しなければ、介護・看護を受けるためにケアマネジャーが利用者だけのためのプランを立てることができます。経済的に余裕がある富裕層が利用対象。

②訪問介護(ホームヘルプ)

ケアマネジャーが1人35件のプランを立てます。

③認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

グループホーム所属のケアマネジャーがプランを立てます。

④地域包括支援センター

介護が必要になる可能性のある方に予防のケアマネジメントを行います(栄養改善・口腔機能の改善)


このようにケアマネジャーの仕事内容は多岐に渡っています。しかし一番大事なことはやはり利用者様の立場になって考えることです。それにより利用者様の今後の生活はもちろん、ご家族の方にも深く関わってきます。

現在、介護で悩まれている方は沢山いらっしゃるかと思います。そこで私たちはその悩みを少しでも解消させていただきたいと思います。悩む前に是非気軽に相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です