高齢に伴う乾燥について

PIC-20140613120315

乾燥肌の一種として「老人性乾燥肌」というのがあります。これは、人が高齢になるにつれ、皮膚が乾燥してしまう肌の状態のことをさします。


老人性乾燥肌の原因は、加齢とも言えます。人間は年齢を重ねるにつれ、体の機能が徐々に低下していきます。「発汗」「皮脂の分泌」「肌のバリア機能」など、これらがスムーズに機能しなくなると、肌は細菌や紫外線などの外的刺激を受けやすい敏感性肌や乾燥性肌に傾きます。

若い時の肌に比べて、高齢者の肌は水分量が約30%近く減少していると最近のデータが出ています。

ここまで水分量が減少する理由として、一つは皮膚の保水機能の低下があります。

 

もう一つは、皮脂の減少です。皮脂は肌全体の表面を覆っていて、水分が空気中に蒸発してしまうのを防ぐ、いわばバリアのような役割を果たしています。しかし、加齢に伴いこの皮脂の分泌も減ってしまいため、結果をしてさらに乾燥が進んでしまいます。

入浴による乾燥

乾燥の原因として、入浴中の石けんの使いすぎや、体を強くこすったりすることも挙げられます。

水分の蒸発を防いでいる皮脂がなくなることで、体の水分はなくなってしまいます。

また、熱すぎるお湯での入浴も好ましくありません。皮膚を痛めてしまい、皮膚の表面がぼろぼろめくれてしまうことがあります。なので、好ましい温度は39℃と言われています。

冬場に関わらず、夏もエアコンなどで肌は乾燥します。入浴後は体全体に保湿クリームなど、セラミドが入った保湿剤を塗布し乾燥を防ぐことが大事です。

高齢者の体は、肌に限らずいろいろなとこがデリケートです。わずかな気温や温度の変化にも敏感で、すぐ影響がでてしまいます。特に、空気の乾燥による皮膚のダメージは相当なものがあるとされていて、高齢者特有の皮膚トラブル(全身の掻痒感)が増えています。これは、室内、特にエアコンや暖房を入れている部屋でおこりやすいと言われています。

乾燥対策として

私たちは、年をとるにつれてだんだんと肌が乾燥しやすくなります。秋ぐらいから乾燥対策として、部屋の加湿をしっかり行い、入浴後はできればすぐに保湿クリームを塗ることが大事になってきます。

また、皮膚の観察も大事です。それと同時に水分摂取も大切になります。

日頃から、継続していくことが皮膚トラブルを避けることに繋がると思います。


介護者が、乾燥肌の高齢者の方へ何ができるかと考え、それをいろいろ試してみるもの一つの方法だと思います。

現在、介護で悩まれている方は沢山いらっしゃるかと思います。そこで私たちはその悩みを少しでも解消させていただきたいと思います。悩む前に是非気軽に相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です