高齢者の便秘対策

PIC-20150503055448

高齢に伴い便秘に悩まれる高齢者は多くなります。水分をあまり摂られない方、寝たきりであまり動かないなど、原因はいろいろあります。今回は便秘対策について紹介したいと思います。


筋肉の衰え

便秘は、そのままにしておくと様々な病気を引き起こします。腸閉塞という病気をおこしかねません。

原因の一つとして筋力の低下、特に腹筋周りは腸の動きに直結します。ですので、腸自体の機能も衰えますので、便がなかなか運ばれず、長く腸内に留まることで水分が失われ固くなり、更に便秘になります。なので腸閉塞という病気が関わってきます。

食事量の減少

高齢になると消費カロリーも少なくなり、消化機能も衰えてしまいますので、どうしても食事量が減ってしまいます。食べる量が減ると便の量も減ることになり、排便をする習慣が付かなくなってしまうのも問題です。

また、食事量と同時に水分を摂らなくなるもの便秘の一つの原因です。トイレや失禁を気にして、水分を摂らなくなると、水分まで失われ固くなってしまします。若い人もそうです。なので高齢者なら尚更です。

服薬の影響も

様々な薬を服用するようになり、それが便秘の原因になっている場合もあります。どのような薬も副作用なものがあり、便秘のような症状がでることもあります。

便秘の副作用が出やすい薬として抗生物質抗うつ剤などがあります。

便秘になったからといって、この薬は服用しないというわけにはいきません。かかりつけ医などに相談をしましょう。

便秘を治すためには

高齢者の便秘は身体的な負担を考えると薬に頼るわけにもいきません。高齢者の便秘は簡単に治すことはできないため、日頃の日常生活に工夫をしてみるといいと思います。

トイレに行く習慣をつける

便意がなくてもトイレに行く習慣をつけることが大事です。年齢を重ねると、便そのもの量が減り、それに伴ってトイレに行く回数も減ってしまいます。なので決まった時間にトイレに行く、施設の場合は定時にトイレ誘導、決まった時間にトイレに行く癖をつけておくことで、体がそれを覚えて自然と便を出しやすい環境を整えるようになります。また、お腹をマッサージするのもいいです。

運動を欠かさない

肉体の衰えが便秘の原因になってしまうのは明らかです。そのため無理をしない範囲で大丈夫なので、少しの時間でも運動を心がけましょう。疲れたら休憩をし、無理なく行うと効果的です。

食生活を改善する

・水分をしっかりとること  ・乳酸菌をとること  ・食物繊維の含む食品を取り入れること

・栄養化の高い食べ物や飲み物を選ぶこと

まず大事なのは水分をしっかり摂ることです。歳をとると喉の渇きを感じにくくなり、水分補給が十分にできていない場合もあります。その結果便が固くなって便秘になるので、こまめに水分を摂るようにしましょう。乳酸菌を摂ることも大事になってきます。乳酸菌は腸の動きをよくし、便の水分調整行って排便を楽にしてくれます。

その他、便秘にいい食物繊維や栄養価の高い食べ物を積極的に摂ることも大事です。なので、薬などに頼らなくても、便秘は治すことができます。日常の生活習慣を改善し、健康に気を付けたいですね。

 

現在、介護で悩まれている方は沢山いらっしゃるかと思います。そこで私たちはその悩みを少しでも解消させていただきたいと思います。悩む前に是非気軽に相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です