熱中症予防

necchusyou_ojiisan

8月に入り、今年も猛暑の時期がやってきました。今年は昨年に比べると暑くなってるように感じます。

皆さんはこまめに水分を摂ってますか?今年はまた、朝から気温が高くなってますので、熱中症対策について紹介したいと思います。


まず、熱中症を引き起こす3つの要因があるのを知ってますか?

その①環境 気温が高かったり、温度が高いとこにいませんか?部屋を閉め切ってたり、クーラーをつけてなかったりすると熱中症の原因の1つに当てはまります。

その②体  糖尿病、精神疾患などの持病、栄養失調、脱水状態、寝不足などの体調不良も原因の1つです。また、高齢者や乳幼児などの体温調節が難しい方。

その③行動 激しい運動や、慣れてない運動は特に注意です。長時間の屋外の仕事、水分補給できない状況は危険です。

この3つの要因は特に注意しないと熱中症を引き起こしかねません。体温の上昇と調節機能のバランスが崩れると、体に熱が溜まってしまいます。

体は発汗によって体温を下げようとします。汗には、水分だけでなく塩分も含まれてますので、この両方が失われると脱水になります。なので、この脱水症をこのままにしておくと熱中症になるのです。今は、屋内に居ても熱中症になる危険があります。

熱中症も重症になると、意識障害、けいれん、運動障害を引き起こします。対処法として涼しい場所へ移動安静体を冷やすなど、また、対応に困ったら救急車を要請したが良いでしょう

めまいたちくらみ発汗などの場合涼しい場所へ移動、安静、水分補給をしましょう。

頭痛、吐き気、体がだるいなどの場合も、涼しい場所へ移動し、体を冷やします。水分と塩分を摂り症状が改善されなければ、受診をしたが良いでしょう。

熱中症対策で、スポーツドリンクなども塩分入りも大事ですが、ミネラル入りも麦茶も効果的ということを耳にしました。

血液をサラサラにする効果もあるそうです。カフェインも入ってない為おすすめです。


高齢者の方や、乳幼児は体温調節がうまくできない為、日頃からこまめに観察をしたがいいでしょう。また、喉が渇いてなくても体液が減少している場合もあるので、水分補給は大切です。いつもより尿の色が濃く、量が少ない場合は体内の水分不足が起こっています。屋外作業もこまめに涼しい場所で休んだり、自分自身の体調管理も熱中症に関わってくるので日頃から体調管理には気をつけましょう。

 

現在、介護で悩まれている方は沢山いらっしゃるかと思います。そこで私たちはその悩みを少しでも解消させていただきたいと思います。悩む前に是非気軽に相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です