認知症の方の理解

roujin_haikai_woman

認知症といっても、種類はいくつもあります。今日は脳血管性認知症の方の理解について、少し紹介したいと思います。


1)脳血管性認知症の方の理解

認知症の人の生活を的確に捉えていくことは大変難しいことです。一言で認知症といっても、いろいろな捉え方があり、一様ではありません。そのため、認知症の方の生活を捉えるには十分な知識が必要になってきます。たとえば、アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症でも、特徴は異なってきます。なので、認知症というのは何かということをきちんと理解し、さまざまな視点から認知症の人の生活を捉えることが大変重要になります。

脳血管性認知症は、単発性、多発性の脳血管病変に続いて発生した認知症をいい、初期では抑うつ状態を伴います。特徴として、身体障害や、言語障害を伴うことが多くあり、また「でいきないこと」「わからないこと」など自覚することがあるため、自ら積極的に行動を起こそうなど、新しいことに挑戦しようとする姿勢に乏しくなります。そのうえ、行動範囲が制限されたり、コミュニケーションがとりにくくなったりすることから、他の人との交流を避けて一人でいることを好む傾向が多くみられます。そうなると、自分のできることに前向きに取り組むよりも、できないことを悔やむようになり、それがもとでふさぎ込んだり不安にまったりし、次第に逃避的になりがちになっていきます。

そのことから、脳血管性認知症の人の生活を捉える場合、その特徴を十分に理解して生活支援を行うことが大切になってきます。利用者が嫌がるのを無理にしようとすれば、頑に拒否するだけでなく、援助者そのものを拒否することにもなりかねないからです。脳血管性認知症の人の場合、ちょっとしたきっかけや工夫で物事への成功体験を味わうことができるため、少しずつ生活の範囲を広げていくようにし、本人のできることや挑戦することを増やしていくことを目標にするのもいいです。

2)環境への働きかけの変化からみる

認知症高齢者の多くは、環境に対して直接働きかけることが困難になってきます。それは、外部からの刺激が少なくなりことから、外部に対して次第に無気力になり、現状に対して安定した状態にしようとする働きが起こるためです。また、外部にたいして適切な働きかけではない、いわゆる現実見当識のない働きが行なわれることもあります。それがときには、妄想的な行動に繋がることもあります。

認知症高齢者の生活を捉える場合には、その他にもさまざまな要因があり、また、それぞれ絡み合っていることも多く、そうしたことを正しく見極めて認知症高齢者の生活を捉えていくことが重要です。

 

現在、介護で悩まれている方は沢山いらっしゃるかと思います。そこで私たちはその悩みを少しでも解消させていただきたいと思います。悩む前に是非気軽に相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です