認知症の種類

ninnchi

 

前回、アルツハイマー型認知症について書きましたが、今回は他の種類について紹介したいと思います。

種類として大きく3つに分けられます。


 

1.アルツハイマー型認知症

脳の神経細胞にタンパク質のゴミがたまって細胞が破壊され、その結果、脳が萎縮する病気です。

萎縮の程度によって、認知症のさまざまな症状が現れます。

症状として ・少し前の出来事を忘れる ・同じことを何度も言う ・帰り道がわからなくなる ・同じ物を何度も買ってくる  など

 

2.レビー小体型認知症

レビー小体と呼ばれる異常なタンパク質が脳内の神経細胞にたまる病気です。物忘れのほかに、次のような症状が出てくるのが特徴です。

症状として ・子どもや虫が見えたりする(幻視) ・手足の動きが鈍くなる ・日によって症状の程度が違う  など

 

3.脳血管性認知症 

脳の血管が詰まったり(脳梗塞)、破れたり(脳出血)して、血流が途絶え、脳細胞が死滅するために起こる認知症です。

症状として ・もの忘れが多い ・転びやすい ・意欲が低下する ・手足がしびれる ・急に泣いたり、怒ったりする  など

この3つのぞれぞれが軽度でも、重複すると認知症の発症が早まります。実際には、一人の脳の中で上の3つが重複している場合が大半です。

早期発見が大事

老化に伴うもの忘れの段階から、認知症に進行するまでの「軽度認知障害(MCI)」という予備段階で治療を開始すれば、アルツハイマー病や、レビー小体型認知症への進行をくいとめることができる場合があります。

また、早い段階から薬を使い、幻覚や妄想などの精神症状や筋肉のこわばりの対処すれば、生活上のトラブルも減らすころができます。

更に、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの病気を予防して、脳梗塞や脳出血の発症・再発を防ぐことも、認知症の進行をくい止める大切な要素です。

本人中心の「摂し方」が大切

たとえ認知機能に衰えが出始めていても。能力をはじめ、希望や好み・不安・焦燥などは、それぞれ異なります。「認知症だから」とひとくくりにするのではなく、その人らしく過ごせるようにするためには、いま、本人にどんなケアがあればいいのかを、個別に考えることが大切です。

楽しいときや、うれしいときだけではなく、悲しみや怒り、絶望といったマイナスの感情も受け止めるようにしましょう。特に高齢者は、愛する家族や友人を失っていたり、健康・仕事などによる喪失感が大きかったりするものです。これらの感情に寄り添うことが、安心感と信頼感を築き、結果として認知症の進行をくい止めることができると思います。

また、本人の生い立ちなど一人の人間として尊重することが大事になってきます。

 

現在、介護で悩まれている方は沢山いらっしゃるかと思います。そこで私たちはその悩みを少しでも解消させていただきたいと思います。悩む前に是非気軽に相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です