介護疲れを癒すレスパイト事業

resupaito

県10年を超えることもある家族による長期的な在宅介護を支えるには、一時預かりなどによる家族の癒しが必要となります。在宅介護が拡大すると同時に、「レスパイト事業」のニーズが高まるといえます。


レスパイトケアのショートステイ

長期的な在宅介護を支えるには、家族がリフレッシュできる機会を作ることが重要です。入所事業の「ショートステイ」は、家族の旅行や冠婚葬祭などの場合に、数日から一か月など一時的に利用できるサービスで、利用の二か月からの申し込みが可能です。特別養護老人ホームの空き部屋を利用した場合や特養併設が多いですが、単独のショートステイ事業もあります。介護者のr入院や葬儀参列などには、公的事業の緊急ショートステイの利用が家族を支えます。

ショートステイ事業の運営で最も重要なのは稼働率です。どんなに満室で予約が入っていたとしても、利用者の急な入院などでの当日キャンセルは当たり前です。ホテルのように高額なキャンセル料を設定することは難しく、ロスが多い反面、午前中に退所した部屋に午後からの予約を入れるなど、一日一部屋で二人分のカウントをすることが可能です。

 

包括支援の小規模多機能型居宅介護

2005年の介護保険法改正の目玉とえあして登場した小規模多機能型居宅介護は、かつて「宅老所」と呼ばれた事業を制度化したものです。デイサービスと同様に日中を過ごし、時には同じ施設で宿泊し、自宅過ごしたい時には、同じ職員来てもらい介護を受ける仕組みです。いわば、あらゆる希望を受け入れてくれる世話好きのご近所さんのイメージです。今まで慣れ親しんできた、ヘルパーやケアマネジャー、デイサービスでの顔見知りと離れ、「訪問」「通い」「泊まり」の三つのサービスを一括で受けることとなります。新規利用者獲得は、新たに認定を受けた場合や退院や状態の急激な変化のタイミングが重要といえます。小規模多機能型居宅介護事業では、一定額の介護報酬であるものの、施設全体で25人まで利用者を受け入れ、採算性が低い傾向があります。そのため、普及促進のために市町村独自加算が設定されてようやく2000事業所まで拡大しました。

 

デイサービスの宿泊は違法?

デイサービスの営業時間外の設備に目を付けたのがデイサービスの宿泊事業です。利便性だけを比較すれば小規模多機能型居宅介護と類似したサービスを行うことができます。介護保険制度に縛られ、付加価値を付けにくかった事業の新たな考え方といえます。急浮上した「お泊りデイ」、今後、調査事業により法適用範囲とするか検討中です。東京都では既に独自基準を決定し、届け出や公表制度を発表しています。やっと生み出した付加価値にどんな制約が設けられるか、公共性と市場開放のバランスが問われることになります。


このように介護というのはやはり精神面、体力面に関しての疲れがでてきます。そういった時こそ、老人ホームのような施設を利用していただき、介護者の休む時間が必要となります。

現在、介護で悩まれている方は沢山いらっしゃるかと思います。そこで私たちはその悩みを少しでも解消させていただきたいと思います。悩む前に是非気軽に相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です