身体拘束ゼロに向けて

jhu

私たちは、サービスの提供にあたって、入所者(利用者)または、他の入所者(利用者)等の生命、または身体を保護するため緊急やむを得ない場合を除き、身体拘束その他入所者(利用者)の行動を制限することを行ってはいけません。


介護保険で禁止されている身体拘束の具体的な例

1.徘徊防止のためベッドや車椅子に胴や手足を縛る。

2.転倒・転落防止のためベッドや車椅子に胴や手足を縛る。

3.自分で降りられないように、ベッド柵を2本使用し固定したり、高い柵を使用する。

または、ベッド柵を4本つけてベッドを取り囲む。

4.点滴・中心静脈栄養・経管栄養等のチューブを抜かないように、手足を縛る。

5.点滴・中心静脈栄養・経管栄養等のチューブを抜かないように、または皮膚を掻きむしらないように、ミトン型の手袋を使う(手足の自由を奪う道具や工夫をする)

6.車椅子等からずれ落ちたり、立ち上がらないように、腰ベルト(紐)、Y字抑制帯、テーブルをつける。

7.立ち上がる能力のある人に、立ち上がりを妨げるような椅子などを使用する。

8.脱衣・おむつ外しを防ぐため、介護衣(つなぎ)を着させる。

9.他人への迷惑行為を防ぐために、ベッドなどに胴や手足を縛る。

10.行動を落ち着かせるために、精神作用を滅衰させる薬(抗精神薬)を過剰に使う。

11.自分の意志で開けられない部屋に隔離する(鍵のかかる部屋に閉じ込める)。

このような例があげられます。

 

身体拘束はなぜいけない?

身体拘束には3つも弊害があると言われています。その弊害とは。。。

1.身体的弊害

1.本人の関節の拘縮、筋力の低下といった身体機能の地下や、圧迫部位の褥瘡の発生などの外的弊害をもたらす。

2.食欲の低下、心肺機能や感染症への抵抗力の低下などの内的弊害。

3.車椅子に拘束しているケースでは、無理な立ち上がりによる転倒事故。

ベッド柵のケースでは乗り越えによる転倒事故、さらには抑制具による窒息等の大事故を発生させる危険すらある。

2.精神障害弊害

1.本人に不安や怒り、屈辱、あきらめといった大きな精神的苦痛を与え、そして、人間としての尊厳を侵す。

2.身体拘束によって認知症がさらに進行し、せん妄の頻発をもたらすおそれもある。

3.また本人の家族にも大きな精神的苦痛を与えます。

自らの親や、配偶者が拘束されている姿を見たとき、混乱し後悔し、そして罪悪感にさいなまれる家族は多いと言われます。

4.さらに看護スタッフ・介護スタッフも、自らが行うケアに対して誇りが持てなくなり、安易な拘束が士気の低下を招きます。

3.社会的弊害

身体拘束は、看護・介護スタッフ自身の士気の低下を招くばかりか、介護保険施設等に対する社会的不信、偏見を引き起こす恐れがあります。

そして、身体拘束による高齢者の心身機能の低下は、その人のQOL(クオリティ・オブ・ライフ:生活の質)を低下させるのみではなく、さらなる医療的処置を生じさせ、経済的にも少なからぬ影響をもたらします。

 

やむを得ない場合

介護保険において、身体拘束は原則禁止されていますが、「緊急やむを得ない場合」は例外的に身体拘束が容認されています。


利用者様の負担にならないよう、家族の立場になり身体拘束は避けたいですね。

現在、介護で悩まれている方は沢山いらっしゃるかと思います。そこで私たちはその悩みを少しでも解消させていただきたいと思います。悩む前に是非気軽に相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です