食中毒とは?

80

過ごしやすい季節になり、これから暑くなっていきますが、これからの時期に注意していただきたい食中毒について、今回紹介したいと思います。


食中毒の原因は?

主な原因は、「細菌」と「ウイルス」どちらとも目に見えないもので、細菌は温度や湿度など条件がそろうと食べ物の中で増殖し、その食べ物を食べる事により食中毒を引き起こします。

”ウイルス”は自ら増殖はしませんが、食べ物を通じ、体内に入ると腸管内で増殖し食中毒を引き起こします。

”細菌”が原因となる食中毒は、夏場(6月~8月)に多く発生しています。代表的なものは腸内出血性大腸菌・O157・0111 カンピロバクター サルモネラ菌など、室温(役20℃)で活発に増殖し、人間の体温くらい温度でスピードが最も速くなり湿気を好みます。

ウイルスの代表的なノロウイルスは、調理者から商品を介して感染する場合が多く、他に、二枚貝に潜んでいることがあり、特に冬にはノロウイルスによる症中毒が多く発生しています。

食中毒の予防の3原則

「つけない」「増やさない」「やっつける」

つけない・・・洗う!分ける!食品の保管の際、他の食品についた細菌が付着しないよう、密封容器に入れたり、ラップをかけたりすることが大事です。

増やさない・・・低温で保存する! 10℃以下で増殖がゆっくりとなる。マイナス15℃以下では増殖が停止します。細菌はゆっくりと増殖しますので、冷蔵庫を通信せず、早めに食べることが大事です。

やっつける・・・加熱により死滅 中心部を75℃以上で1分以上加熱することが目安です。

正しい手の洗い方

手洗いの前に、爪は短く切っておきましょう。時計や指輪は外しておきましょう。

手に付着した細菌やウイルスは、水で洗うだけでは取り除けません。指の間や爪の中まで、石けんを使って正しい方法で手を洗いましょう。

①流水でよく手を濡らしたあと、石けんをつけ、手のひらをよくこすります。

②手の甲を伸ばすようにこすります。

③指先・爪の間を念入りにこすります。

④指の間を荒います。

⑤親指と手のひらをねじり洗いします。

⑥手首も忘れずに洗います。

石けんで洗い終わったら、十分に水で流し、清潔なタオルやペーパータオルでよく拭き取って乾かします。できれば、使いまわしのタオルより、ペーパータオルがいいでしょう。

以上を参考に、調理の前には手洗いからきちんと行い、食品の取り扱いには十分注意し食中毒には気をつけましょう。

現在、介護で悩まれている方は沢山いらっしゃるかと思います。そこで私たちはその悩みを少しでも解消させていただきたいと思います。悩む前に是非気軽に相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です