糖尿病について

tounyou

糖尿病という病気を耳にしたことはありませんか?実際にしらないことも多くあると思います。糖尿病はほかの病気と比べてさまざまです。


まず、糖尿病とは、インスリンの作用が十分でないためブドウ糖が有効に使われずに、血糖値が高くなっている状態のことです。放置すると全身にさまざまな影響が出てきます。

糖尿病は、その原因により4つのタイプに分けられます。

1型糖尿病

インスリンを作る膵臓の細胞が何らかの原因で壊されことで、インスリンが作られなくなり、糖尿病になります。子どもや若年者に多くみられます。

2型糖尿病

インスリンの分泌が少なくなったり、働きが悪くなるために起こります。主に中高年以降にみられますが、若年者の発症も増加しています。日本の糖尿病患者の約95%が2型糖尿病とされています。

日本人は遺伝的にインスリン分泌が弱い人が多いと言われています。遺伝的な体質に過食、運動不足、肥満、ストレスなどの生活習慣や加齢といった要因が加わり、発症するとされています。このため、2型糖尿病は「生活習慣病」とも言われます。

また、肥満がなくても、内臓脂肪が増える「メタボリックシンドローム」と呼ばれる状態になると発症しやすくなります。

症状として

全身がだりく、疲れやすい、痛みなどの自覚症状がない。口渇、頻尿、体重の減少、定足のしびれ、尿に糖がでる。他。

様尿病の合併症

血糖値が高い状態が長く続くと、合併症が起こる可能性が高くなります。治療をきちんと行い血糖コントロールをするころで、新たな合併症が起きるのを防ぎ、また、起きてしまった合併症の進行を抑えることができます。

3大合併症と言われてあり、神経障害、網膜症、腎症とあります。

治療法として

初期段階なら、食事療法と運動療法とあります。進行したら、薬物療法が必要となってきます。

食事療法として、糖尿病といって、食べてはいけない物はないので、自分に合った分量でバランスのとれた食事を摂ります。

運動療法として、主治医と相談して、自分に合った運動をします。ただし、低血糖の恐れがあるので、食事前に運動はやめておきましょう。

低血糖とは

血糖値が、60mg/dl以下になった状態をいいます。血糖の高い人や、急に血糖値が下がったときには、100mg/dl程度でも低血糖症状が出ることがあります。症状として、異常な空腹館、脱力感、手足の震え、冷汗、動悸、生あくび、目の焦点が合わない、他、意識消失など起こします。

低血糖を感じたら、アメや、ジュースなど糖を含んだものを飲んで頂きます。なので、アメなど持ち歩くのがいいでしょう。


糖尿病は治る病気ではないので、この記事をきっかけに適度な運動、日頃の食事など生活習慣を見直してみるのもいいと思います。

現在、介護で悩まれている方は沢山いらっしゃるかと思います。そこで私たちはその悩みを少しでも解消させていただきたいと思います。悩む前に是非気軽に相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です